こがよんこ【イラストレーター物語】

旅立ちの朝(A.M.2:00)

とある村に一人の青年がいた。彼は生まれてから18の年月が流れるまで目覚めてはいなかった。 とある一冊の本に出会ったことで彼は目を覚ました。 それはライトノベル。 特に表紙や挿絵などの絵に興味を感じた。 この世界にイラスト