配信で質問する人の思考

某お絵描き系YouTuberの生配信のチャット欄を見ていて思ったことがあります。それは質問の内容がよく見かける物しかなかったことです。


人の悩みは結構皆同じことだったりするというのは聞いたことがあります。

つまりネットで調べたり人に聞いたりしてみればだいたいのことは回答されている場合が多いと思うのできっとその生配信で質問した人もその回答を見ていると思います。

なのになぜ質問しているのか。


いくつか理由はあると思いますが僕が思う理由は3パターンあります。

  • 1つ目は、ただチャットで打つことがない、または配信している人の反応が見たい人
  • 2つ目は、質問することをしてやった気になろうとしている人
  • 3つ目は、背中を押して欲しい

・1つ目の人はどうでもいいです。


・2つ目の人は本人に自覚が無いことが多いパターンだと思います。

不安や失敗をしたくないなどの恐怖から行動に移す前に質問してやった気になり一時的に不安や恐怖から逃れられるがそれは時間が経てばまた襲ってきます。

このループは結構地獄です。

まず人に短く詳細を上手く伝える力がチャット欄で発揮できる人は少ないと思います。相手はその質問の情報からしか回答を考えることが出来ません。

なので帰ってくる回答は結局ありふれた知恵袋などに載っているようなふわふわしたモノしか得られず、解決しません。


そこで僕の考える対応策は自分自身に質問することです。

その理由は自分自身はいくらでも質問を待って聞いてくれるので正確に自分の状況を理解した上で回答を得ることができる可能性が大きいからです。

正確な回答が得られるので行動に移してみようする確率が高まると考えるからです。


・3つ目の人は回答は自分の中に出ているけれども実行に移すのが怖い不安だと感じる人に多いパターンだと思います。

このパターンの人は背中を人に押してくれると本当に実行に移せる人が多いと気がします。

しかし、何度も背中を押してくれる人は中々いないです。

なので背中を押してくれる人が現れるまで結局動けなくなってきてしまいます。


そこで僕の考える対応策は自分自身で自分の背中を押すことです。

その理由は自分自身はいつでもいくらでも自分自身の背中を押すことができるからです。

それができないから人に背中を押してもらおうとしているんじゃないかという声が聞こえます。

それも自分なりの考えでは背中を押す力も鍛えられるということです。

まずは軽い負荷から始め徐々に負荷を重くしていく方法をお勧めします。人は恐怖や不安を無くすことはできないと思います。

無くなるとそれはそれで危ないと思います。

なので恐怖や不安を無くそうと努力するよりも冷静に考え乗り越える力、先に述べた自分自身で自分の背中を押す力を鍛える方が懸命な気がしてなりません。

よく巷で言われる自己肯定感や自己効力感はこの方法で鍛えていけるとような気がします。

ですのでまずは自分自身で自分の背中を押すということをしてみてはいかかでしょうか。


以上、自分に送る回答です。

(2019年11月9日 01:26)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です