最高に楽しく最速のお絵描き上達方法

その方法とは?

以前某お絵描き系YouTuberの方の話していた練習だけをするのは逃避行動という考えに基づいて、自分なりに自分自身に今一番合っているお絵描き方法です。

まずはじめに描きたいモノをイメージして(思い描いて)何も見ずに描いてみる。

そうすると恐らくわからない部分がはっきりする

わからない部分をしっかりと実物や写真を観察しながら描いてみる(模写など)

そこでもう一度はじめにイメージした(思い描いた)モノを描いてみる

「はじめに描いたモノ」と「観察をしてから見ずに描いたモノ」を見比べてみる

はじめよりも良くなっている部分が一目瞭然

自分自身の成長をはっきりと感じることができてとてもハッピーになる

例え無しで書いてみましたが、わかりづらいので例えも書いておきます。

.

まずはじめに描きたいネコをイメージして(思い描いて)何も見ずにネコを描いてみる。

そうすると恐らくわからない部分(耳の形や輪郭の形、足の関節の曲がる方向など)がはっきりする

わからない部分(耳の形や輪郭の形、足の関節の曲がる方向など)をしっかりと実物のネコや写真のネコを観察しながら描いてみる(模写やトレスなど)

そこでもう一度はじめにイメージした(思い描いた)ネコを描いてみる

「はじめに描いたネコ」と「観察をしてから見ずに描いたネコ」を見比べてみる

はじめよりも良くなっている部分(目の位置が下がったから可愛さが増したや、輪郭が本物のネコに即した形になったなど)が一目瞭然

イメージした(思い描いた)ネコが描けるようになって自分自身の成長をはっきりと感じることができてとてもハッピーになる

この方法が優れている点は少なくとも4つ以上あります

・自分がイメージする(思い描く)モノをうまく描けるようになるのでお絵描きがめちゃくちゃ楽しくなる。


・はじめから模写や見ながら描いてしまうと「模写や見ながら描いたモノ」よりも「観察をしてから見ずに描いたモノ」の方が下手になっていまい落ち込むが、「はじめに描いたモノ」よりも「観察してから見ずに描いたモノ」の方がだいたいうまくなっているので下手になって落ち込むことがほぼ0になる。


・成長を感じられるので自信が付き描いたことのないモノを描きたくなるので描けないモノが着実に減っていく。


・他人との比較以外に過去の自分との比較という比較対象が生まれるので評価基準が増え、他人との比較だけに依存しなくて済むようになるので憂鬱になりづらい。


以上のことは今のところ自分の中で最も「最高に楽しく最速のお絵描き上達方法」です。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です