意見が食い違ったときの対処法

話している時に意見が食い違ったとき相手の意見よりも自分の意見が正しいと多くの人は主張してしまいがちだろう。

かくいう自分もその一人ではある。

そこでの自分なりの対処法を書こうと思う。

それは

自分の意見の正当性を唱えるのではなく前提条件を確認しあう

これによって相手は前提条件が違うかったのかと気づき、相手の考えが否定されているのではなく前提条件がただ違っていただけなんだと気づき。

お互いがお互いの前提条件の違いを知ることによって前提条件を合わせた話し合いをすることができる。

話が合う人っていうのはこの前提条件が似ている人なのではないかと思った。

この記事があなたの人生の一助になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました